2019冬支度 / ノースフェイス編

朝晩と冷え込むようになりました。

今年の秋冬モノは、ノースフェイスを色々と買ったので紹介したいと思います。

基本はオールブラックカラーです。色数の多いコーデはうるさく感じる気分で、黒ばっかり増えていきます。でも、黒は着ていてしっくり来ますし、色合わせで悩むことが減るので良いかなと思います。

1.デナリジャケット メンズ NA71951 ブラックノースフェイスの人気フリースです。フード有りもありますが、上にハードシェルを羽織ることを考えるとフードが邪魔なので、このフード無しにしました。それなりに肉厚で、バックパッカーが求めるような携行性に優れてはいません。モンベルのインナーダウンなどに慣れていた私としては「かさばるなぁ」という印象は拭えませんが、デザインも良く気に入ってます。

それとウィンタースポーツなど汗をかくようなシーンでは、ダウンのような防寒着は、汗で羽毛が湿って収縮してしまい、羽毛の隙間にできる暖気が生まれなくなる為、そのようなシーンではフリースのほうが向いているとされています。

2.プルオーバー パーカー メンズ スクエア ロゴ フーディ ブラックノースフェイスのスクエアロゴ がカッコイイパーカーです。最近だとフーディーと言うらしいです。とにかく生地がしっかりしていて丈夫そうな感じです。デナリジャケットの下に着たり、着回しが効いてGOODです。

3.テックエアージョガーパンツ メンズ ブラック

シルエットがスッキリしたジョガーパンツです。こちらもしっかりした生地感で、履き心地がとても良く、冬でも重宝しそうな厚さです。

この3点を冬支度で購入しました。アウターはたくさんダウンがあるので、中に着るもの中心に揃えました。

休日はなるべく楽チンな格好でいたいので、良い買い物ができたと思います。

冬はヌプシブーティー を履くので、ノースフェイスは最早ユニフォームみたいな感じです。

オススメの鍼(はり)|SEIRINパイオネックス100本入り 1.2mm

最近お灸と一緒にハマってるのが「鍼(はり)」です。

年寄りがやるイメージだったのですが、これがまたよく効きます。貼りっぱなし刺しっぱなしでも痛くないし、肩や腰の張りが取れて快適です。騙されたと思って是非試して頂きたいです。

 

最近「サウナ、お灸、鍼」とすっかり年寄りの日常みたいな癒しを取り入れていますが、それらのクラシック技術に、「CBD、ヘンプフード」など最近のトレンドも取り入れたハイブリッドな癒しや体づくりの開発に余念がありません。

「お灸」同様、家族や友人にすすめたら効いたらしく、喜んでくれました。

鍼の長さは、0.6〜1.5mmまでありますが、僕的には1.2mmがしっくりきてます。ご自身でベストな長さを見つけられると良いと思います。

 

LINK >>SEIRIN(セイリン) パイオネックス100本入り 1.2mm

長生灸 レギュラー

最近知人にすすめて頂きハマってる「長生灸」。

近年、リラックス術は無数にあれど、歴史ある「お灸」は効果に期待ができます。昔、両親が按摩さんを自宅に呼んで、よくお灸をやっていたな〜とメローな気持ちにも浸れます。

 

体調に応じて、肩、背中、お腹などに載せて火を付けるだけで簡単です。体もポカポカ、匂いもリラックス効果があるのか最近ハマってます。

(高城剛さんも以前、黄帝灸ナノプラチナとゆう、家電お灸アイテムを紹介してました)

 

これの良いのが、自分の不調な箇所にすぐ設置して着火できることと、手軽に家族や友人に施術?してあげられるところです。「お灸やってあげようか?」と日頃の家事、子育て、仕事と頑張ってくれている嫁さんにお灸をしてあげました。年をとった父親にもやってあげたのですが、久々に会話したな〜とゆう感じで、コミュニケーションツールとしての側面もお灸にはあることに気づきました。

 

これから冷える時期なので、お灸を通じて心も身体も温まるのはいかがでしょうか。値段も安くて手軽に試せるのでおすすめです。

 

LINK >>長生灸 レギュラー200

ウォークマン40周年記念モデル NW-A100TPS

ソニーの初代ウォークマンを現代版に復刻したウォークマンが限定発売です。

好きな方にはたまらないであろう、あの1979年初期デザインが再現されています。

これは気になる。。

 

LINK >> https://www.sony.jp/walkman/special/40th-model/

 エルメスの「夢のかたち Hermès Bespoke Objects」

六本木ヒルズで開催されている「エルメス 夢のかたち」に行ってきました。

エルメスの展示はいつも面白いので、行ける時はなるべく観に行ってます。

 

 

それは夢のはじまり…

エルメスのスペシャルオーダーは、夢を抱く人々にとって、そしてエルメスのクリエイターや職人にとっても、遊び心にあふれたプレイグラウンドです。一方、このプレイグラウンドは、エルメスが大切にしている職人技による卓抜したものづくりが行われる場所でもあります。

エルメスは2019年11月1日から17日まで、六本木ヒルズノースタワーにおいて「夢のかたち Hermès Bespoke Objects」を開催いたします。
本展覧会では、スペシャルオーダーのオブジェに出会い、その誕生のきっかけとなった「夢」のストーリーについて、オブジェ自身の声に耳を傾けながら会場内を散策していただきます。

エルメスのオブジェは、既成の概念に囚われることなく、しかし実用性は熟考された想像力あふれるクリエーション。1837年よりお客様のためにハーネスや鞍を制作してきたメゾンの理念に忠実にありながら、エルメスのものづくりの源はいまもなお、想像力の探求にあるのです。

2019年のエルメスの年間テーマは「夢を追いかけて」。
新たなるエルメスの世界の扉を開けてあなたの「夢」をぜひ探しにいらしてください。

 

スペシャルオーダーの作品がたくさん展示されていて、とっても面白かったです。α7Ⅲにライカ summicron-R 50mmを装着して撮ってきました。

色々SNSにもアップされていると思うので、個人的に好きだったものに絞って写真アップします。

 

レコードバッグ

LPがぴったり収納できてカワイイです。

 

スケボー

グラフィックがかっこいい。。

 

釣り道具

 

 

サッカーゲーム

馬具メゾンだけあって人形がジョッキーの格好してます。

 

サーフボード

スケボー同様、グラフィックがかっこいい

SONYのラジカセからラジオエルメスが流れてました

 

レコードプレイヤー

かなり凝ったつくりでした

 

自転車

竹の自転車やら、レザーの貼り方などほんと細かいところまできっちりした仕事です。

 

バイク

細かいとこまで丁寧な仕事でした。

 

人力車

乗ってみたい〜

 

LINK >> エルメスの「夢のかたち Hermès Bespoke Objects」

Paris: Fashion Flair|Marc-Antoine Coulon

先日、娘と2人で代官山蔦屋に遊びに行きまして、その時たまたま出会った画集にひと目惚れしてしまいました。

 

その画集はParis: Fashion Flair

画家はフランスのアーティストMarc-Antoine Coulon。筆で描かれたポートレイトや風景などなど独特の世界観で、ファッション系の方々からの支持も多く、本当に素晴らしい作品です。

筆で簡単にすらすら描いたクロッキーのような作風ですが、省略するところと緻密に描くところの判断力、影や光の読み方、基本のデッサン力、絵筆のスキルがないと描けません。

この作品群に触発されて、世界堂や伊東屋に行ったり、amazonで筆などの水彩画道具を購入してしまいました。実際に絵を描いてみると集中できて本当に楽しいです。画材類はまた別の記事で改めて紹介したいと思います。

 

最近、この画集の他にも、色々とデザイン系書籍や写真集を買い漁ってますので紹介していきたいと思います。まさに芸術の秋とゆう感じです。

 

 

LINK >> 「Marc Antoine Coulon」instagram 

LINK >> Paris: Fashion Flair

DJ VICTORIA サザンオールスターズ+α ミックス’78〜’90

縦横無尽に和モノを回すDJ、”DJ吉沢dynamite.jp”。

 

以前発表されたDJ VICTORIA名義のサザンオールスターズMIXがSound Cloudにアップされていました。

サザンでこすったり、2枚使いしたりと昔のサザンがまとめて聞けてNICEです。(メルカリでMIX CDがプレ値ついてました)

 

ジャケの元ネタはもちろん「バラッド」

 

最近夜ランする時に聴いてます。

 

LINK >> DJ吉沢DYNAMITE|twitter

<カゼインフリー>グリコ アーモンド効果

カゼインフリーを実践しているので、ずっと豆乳をのでいましたが、最近はグリコの「アーモンドミルク」を飲んでいます。

 

LINK >>グリコ アーモンド効果 砂糖不使用 1000ml

 

飲み心地がとても良くて、愛飲している「ヘンププロテインパウダー」との相性もとっても良いです。

 

砂糖ありの「オリジナル」と「砂糖不使用」の2種類ありますが、「砂糖不使用」の方を飲んでいます。砂糖不使用でも旨味があって全然気にならないですし、オリジナルはちょっと僕には甘ったるい。飲み口は、豆乳と比べてサラサラしている印象です。

 

LINK >>グリコ アーモンド効果 砂糖不使用 1000ml

POLO RALPH LAUREN デニムキャップ

最近またラルフがマイブームです。

1992スタジアムシリーズから始まり、最近ではPOLO SPORTSも復刻されたりと復刻モノが連投されているラルフ。僕が10代の頃に夢中になったブランドです。

普段帽子は被りませんが、日差しが強い南の島や海、プールに行くときはラルフのデニムキャップを持参しています。

まもる君シークワーサージュースとバギーズショーツライトとラルフデニムキャップ

 

気づいたら、妻も娘も色違いのキャップをかぶっていました。

親子で愛用できる定番キャップです。

 

LINK >>POLO Ralph Laurenデニム キャップ ワンポイント

永井博 meets niko and… クリアトートバッグ

永井博先生がよく描かれるプール。

niko and…とのコラボトートバッグを実際に宮古島旅行に持参して、リゾートホテルのプールで使用してみたところ、かなりテンションが上がりました。

旅行やプールでの使用にオススメですし、子どものプールバッグにも最適です。

LINK >> niko and… 永井博 コラボクリアバッグ

SENSIBLE RESISTANCE BY THE YELLOWS