【世界初】ヘンプ(大麻)ビール”Cannabia”を飲んでみました

高城さんのメルマガにカナダでヘンプビールが流行っているとのことで、早速購入してみました。コロナで外出は控えているので、家に居るこの機会に丁度良いです。

ヘンプ製品は色々と試しているのですが、今回飲んでみたのは、ドイツの「Cannabia オーガニック」。

1996年世界初のヘンプ(大麻)ビアとして誕生しました。濃厚なコクと爽やかな味わい、ボノルネックから香る匂いは世界中で大人気です。

ビンで330ml。ラベルもわかりやすいラスタカラー系です。

栓抜きが必要なタイプです。海外製品ぽい栓です。

世界初のヘンプビール。アルコール度数は5%です。キリン、アサヒ、エビスも5%なので、度数は同じですね。ただ、こちらのヘンプビールのカテゴリーは「発泡酒」になります。

バイエルンの湧き水とオーガニックヘンプの組み合わせはいかがなものか。ひと口飲んでみると、想像していたようなクセはなく、コクがあってとても飲みやすいです。

半分くらい飲んで少し気持ちよくなってきて、愛用のエリクシノールのCBDと、かめるいのCBD 90% OG KUSHをチャンポンして、気付いたらかなり深くChill Outしておりました。

料理を合わせるとしたら、当然グルテンフリーですが、辛味のチキンが食べたくなりました。今度ヘンプ好きの友達と、このビールで乾杯したいと思います。

LINK >> cannabia.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です