正月は読書三昧|村上龍 / オールド・テロリスト

村上龍が昔から好きでして、年末年始にかけてオールド・テロリストを読みました。

結論メチャ面白かったです。

村上龍氏の作品は、自身が言いたいことを登場人物に言わせてる感が凄いあるんですけど今回の作品もそんな感じはありました。

東京を戦後のような焼け野原にしたほうが良いと考える高齢のテロリストたち、主人公のジャーナリストセキグチ、謎で魅力的なヒロイン?カツラギ。セキグチが壊れていく描写が面白いです。村上龍氏の作品で、これらの壊れてく人間の描写がメチャ好きです。

氏の作品は毎回相当な取材量だと思わせる内容で、読んでて楽しいです。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です