マヌカハニー UMF20+

気になっていた「マヌカハニー」を購入しました。普通の「アカシア」などの蜂蜜と違って、このマヌカハニーは、ちょっと特殊な蜂蜜です。

 

「マヌカ」はニュージーランド原産の低木のハーブで、白〜ピンク色の花を咲かせます。ニュージーランドの原住民族は昔からマヌカの葉を薬用ハーブとして日々の生活の中に取り入れてきたそうで、現在では医療にも利用される魔法の蜂蜜のようです。

 

  • ピロリ菌、大腸菌、腸球菌などの胃腸疾患の改善
  • 虫歯、口内炎、歯周病の治療・防止
  • ノドの痛み、鼻のつまりの改善、風邪、インフルエンザの予防
  • 整腸作用
  • ガンの予防・治癒
  • コレステロール値の低下
  • 糖尿病の改善
  • 切り傷、火傷の治癒

 

上記のような効能が期待できるらしく、まさに「魔法の蜂蜜」です。

 

しかし、マヌカハニーの年間採取量をはるかに超える量が市場に流通するという現象が。つまり偽物が大量に横行しているそうです。

そこで真贋を見極めるのに有効なのが、「UMF Organization」のwebサイトでメーカー名を検索することです。ここに載っていなかったら、マヌカハニーではない。と判断して切り捨てて良いでしょう。

 

また、この団体が示すUMF(Unique Manuka Factor)の数値が高くなるに従って、抗菌力が強いということになります。

 

UMF5+、UMF10+、UMF15+、UMF20+、UMF25

という風に、抗菌力が上がるに比例して値段もアップします。

 

特に最高値の「UMF25+」はかなり高価になります。(高城さんは最高値のUMF25+を酵素玄米に入れているらしいです)

 

今回僕が手に入れたのは上から2番目の抗菌力UMF20+です。

かなり味にクセがあるのかな?と思ったら、かなり美味しいです!糖度が高いですが、精製された白砂糖のように急激に血糖値を上げるタイプではないように思います。

ヨーグルトに入れたり、トーストに塗るのがおすすめレシピとして紹介されるのをよく見かけますが、グルテンフリー・カゼインフリーの僕は、そのままスプーンで口に入れています。

あと、お茶に砂糖の替わりに入れたりするのもあるらしいですが、マヌカハニーは粘度が高くなかなか溶けないので、個人的にはお勧めしません。それと熱が入ることでテクスチャーに影響する恐れもあるのでやめといた方が賢明です。

そのままスプーンで舐めるのが個人的にはベストですが、真偽は定かではありませんが、金属スプーンですくうのも品質に影響して良くないらしいので、木製、陶器、ガラスなどのスプーンにしといた方が良いかもです。

蜂蜜は1歳未満の子どもには絶対あげてはいけませんが、子供も喜ぶ味ですね。Solid is the best!!

 

 

ちょうど正月明けから鼻とノドが調子悪く、マヌカハニーを飲み込んだのですが、本当に鼻腔奥の痛みがすぐ消えました。これには結構感動しました…。(全く盛ってません)

あと、白い舌苔がほぼ消えました。マヌカハニーの殺菌力かもしれません。歯周病や虫歯、口内フローラにも良いかもです。

 

腸内環境も整える効果も期待できるので、これからやってくる花粉症対策にも続けていきたいと思います。

 

LINK >>アクティブマヌカハニーUMF20+250g100% Pure New Zealand Honey

高城剛さんも使用する最高値UMF25+>>
アクティブマヌカハニーUMF25+300gハニーバレー(100% Pure New Zealand Honey)マヌカ蜂蜜MGO1200以上

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です