National Geographic マリファナ 世界の大麻最新事情

ナショジオの別冊で大麻特集号が発売されたので早速入手しました。

マリファナ本でいうと、高城さんの著書「GREEN RUSH 」は世界中の大麻事情が取材されており、かなり読み応えのある名著でしたが、こちらもナショジオだけあってなかなか内容の濃い一冊となっています。

1.大麻の歴史

2.医薬品としての大麻

3.大麻の化学

4.大麻の栽培

5.変化する法的環境

アメリカでは、連邦法が合法を認めておらず、各州が州法に基づいて医療や嗜好用の使用を認めるなど矛盾した状態となっています。

WHOが大麻の医療的価値を評価しはじめ、産業としての大麻ビジネスも相当大きな市場に急成長しているとゆう、昔では信じられないような岐路に我々は立っているなと実感できます。

日本でもいずれ合法化されるのでしょうか。合法化されたら今まで逮捕された人も複雑だなと思います。。

日本は古来から神道や産業でも麻とは密接に暮らしていたのは間違いありません。特に医療で救われる人たちが居るならそこには確実に届くような社会になって欲しいです。嗜好用も、過度なTHCには税金をかけたり、規制をしてバランスを上手くとるなどして、あらたな経済の起爆剤にして欲しいですし、大麻は、資本主義を超えて、新たな豊かさを創れる魔法の植物だと信じております。

写真界でも権威高いナショジオだけに、内容ともに写真も素晴らしい一冊でした。

LINK >>マリファナ 世界の大麻最新事情 (ナショナル ジオグラフィック別冊)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です