「花粉症」タグアーカイブ

【合法】特製大麻ドリンク

少し奇をてらったタイトルですが、最近愛飲している特製ドリンクをご紹介します。

私は主にトレーニングやランニングの後に飲んでいますが、朝食にも良いかもしれません。

ヘンプ特有の植物性たんぱく質も摂取できますし、オメガ3系脂肪を始め、良質な栄養をたくさん摂取できます。グルテンフリー・カゼインフリーなので腸にもよろしいかと思います。

 

1、準備するもの

LINK >>EcoMil 有機ヘンプミルク(無糖)1000ml

 

LINK >>ヘンプフーズジャパン ヘンプシードナッツ(有機麻の実ナッツ) 250g オーストラリア産

 

LINK >>ヘンプフーズジャパン ヘンププロテインパウダー(有機麻の実プロテイン) 500g オーストラリア産

 

LINK >>ルンドミエル ポーレン 125g

 

 

LINK >>アクティブマヌカハニー UMF20+ 250g100% Pure New Zealand Honey

 

 

2、作り方

グラスにヘンプミルクを注ぐ

ヘンププロテインとへンプシードナッツを適量入れてかき混ぜる

ビーポレンを適量入れて、マヌカハニーをすくったスプーンでかき混ぜる

完成!私流のエナジードリンクの出来上がりです。

 

 

ヘンプミルクは味気ないので、スーパーフード「ビーポレン」と「マヌカハニー」も混ぜます。甘みが加わって飲みやすくなります。ビーポレンは花粉団子ですが、かき混ぜると溶けました。

ヘンププロテインでかなりドロッとした感じになりますが、週2〜3のトレーニングやランニングの後に飲むのを続けています。

腹持ちも良く、栄養価もかなり高いのでオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

高城剛さんのデトックス3点セット

高城剛さんレコメンのデトックス3点セットです。

これを1年以上飲み続けてますが、お腹周りが痩せて、便通も良く、体調がとても良いです。

毎朝の空腹時に飲むのがベストらしいです。

写真の八重山クロレラは、先日大幅に値上がりしたので、八重山殖産OEM製品でも良いかと思います。同社のクロレラは凝固剤が不使用なので、他社と比べて品質が高いようです。

LINK >> 八重山クロレラ【ミニボトル300粒入】無添加 100 ヤエヤマクロレラ [ ピュアクロレラ]

 

 

LINK >>Great Plains Bentonite Detox – 16 fl oz by Yerba Prima

LINK >> Vital Nutrients NAC

KLAIRE LABS コンプリート・バイオティック 60カプセル

高城剛さんのメルマガで紹介されていたクレアラボ社のコンプリート・バイオティックを入手しました。

現在日本で唯一、要冷蔵の生きた菌を購入できるのは、この「クレアラボ」社のみです。

生きたままの菌なのでもちろん「クール便」で到着です。

リーフレットや厚い説明書も入っており、商品への自信、消費者のことを考える気持ちが伝わってきます。他の商品も欲しくなってきました。

毎朝の空腹時に、八重山クロレラとクレイを飲むデトックス生活を続けて1年以上経過しました。

http://bigyellowblog.com/archives/1499

デトックスの効果をさらに上げるのに、腸内環境の安定化が大切なようです。

これから花粉が飛散する時期なので、他にも着々と準備を進めています。昨年はデトックスの成果もあったのか、かなり症状が軽くなりました。今年は杉の木の前で深呼吸できるくらい完璧に治したいと思っています。

LINK >> コンプリート・バイオティクス60カプセル

マヌカハニー ドロップレットUMF10+

マヌカハニーの飴を買ってみました。もはや蜂蜜中毒です。

出張で家を空けるので、マヌカハニーを持ち歩くか悩んだのですが、マヌカハニーの飴を見つけました。もちろん、UMF Organization認定メーカーです。

キャンディタイプは携帯できるのが良いです。プレゼントにも良いですね。プロの歌手や声の仕事をする方に愛用者も多いようです。

夏場でも溶けづらいらしく、よく出来ています。味も美味しいマヌカハニーです。口の中で長めに滞在させるよう、ゆっくり溶かしていくのがオススメです。

マヌカハニーを固形にするのは大変難しいらしく、圧縮して水分を抜いて固める日本の特許技術が活かされているそうです。

LINK >>ハニードロップレットマヌカハニーUMF®10+(のど飴) -1

【スーパーフード】ルンドミエル ポーレン(蜂花粉)

マヌカハニーを飲むようになってから、蜂蜜関連の商品に興味が湧いてきて、色々探していたら出会った「ビーポーレン」。

ポーレンは、ミツバチが花々から集めて巣に持って帰って来た花粉のお団子です。

ビーポレンは「高城剛スーパーフード」にもスーパーフードとして掲載されており、抗酸化力が非常に高く、精力増進、持久力アップ、アレルギー反応の抑制などに効果があり、ビタミンB、C、D、Eなどの18種類のビタミン、ルチン、カロテン、必須アミノ酸、脂肪酸などなどかなり栄養価が高いようです。

また、ポレンの約25%がタンパク質で、グラムあたりのタンパク質量は肉、卵、チーズの推定5〜7倍とのことです。

ふりかけのようにヨーグルトにかけて食べるのがオススメとされていますが、カゼインフリーの私はスプーンですくってそのまま食べています。口の中で花粉の味わいが広がり、甘み苦味もそこまで強くなくボリボリおやつ感覚で食べれます。

子どものおやつや納豆に少し入れても良いかもです。

http://bigyellowblog.com/archives/1891

アーモンドミルク、ヘンププロテイン、ヘンプナッツを割ったスペシャルドリンクに混ぜて飲むと最強です。

ミツバチの世界が奥深く、深く興味が湧いてます。

ローヤルゼリーやプロポリスなど、昔から蜂蜜関連の商品は流通していますが、良いものがあれば試してみたいです。

LINK >>ルンドミエル ポーレン 125g

LINK >> スーパーフード (Healthy Eating)


アクティブマヌカハニーUMF20+(100% Pure New Zealand Honey)

気になっていた「マヌカハニー」を購入しました。普通の「アカシア」などの蜂蜜と違って、このマヌカハニーは、ちょっと特殊な蜂蜜です。

 

「マヌカ」はニュージーランド原産の低木のハーブで、白〜ピンク色の花を咲かせます。ニュージーランドの原住民族は昔からマヌカの葉を薬用ハーブとして日々の生活の中に取り入れてきたそうで、現在では医療にも利用される魔法の蜂蜜のようです。

 

  • ピロリ菌、大腸菌、腸球菌などの胃腸疾患の改善
  • 虫歯、口内炎、歯周病の治療・防止
  • ノドの痛み、鼻のつまりの改善、風邪、インフルエンザの予防
  • 整腸作用
  • ガンの予防・治癒
  • コレステロール値の低下
  • 糖尿病の改善
  • 切り傷、火傷の治癒

 

上記のような効能が期待できるらしく、まさに「魔法の蜂蜜」です。

 

しかし、マヌカハニーの年間採取量をはるかに超える量が市場に流通するという現象が。つまり偽物が大量に横行しているそうです。

そこで真贋を見極めるのに有効なのが、「UMF Organization」のwebサイトでメーカー名を検索することです。ここに載っていなかったら、マヌカハニーではない。と判断して切り捨てて良いでしょう。

 

また、この団体が示すUMF(Unique Manuka Factor)の数値が高くなるに従って、抗菌力が強いということになります。

 

UMF5+、UMF10+、UMF15+、UMF20+、UMF25

という風に、抗菌力が上がるに比例して値段もアップします。

 

特に最高値の「UMF25+」はかなり高価になります。(高城さんは最高値のUMF25+を酵素玄米に入れているらしいです)

 

今回僕が手に入れたのは上から2番目の抗菌力UMF20+です。

かなり味にクセがあるのかな?と思ったら、かなり美味しいです!糖度が高いですが、精製された白砂糖のように急激に血糖値を上げるタイプではないように思います。

ヨーグルトに入れたり、トーストに塗るのがおすすめレシピとして紹介されるのをよく見かけますが、グルテンフリー・カゼインフリーの僕は、そのままスプーンで口に入れています。

あと、お茶に砂糖の替わりに入れたりするのもあるらしいですが、マヌカハニーは粘度が高くなかなか溶けないので、個人的にはお勧めしません。それと熱が入ることでテクスチャーに影響する恐れもあるのでやめといた方が賢明です。

そのままスプーンで舐めるのが個人的にはベストですが、真偽は定かではありませんが、金属スプーンですくうのも品質に影響して良くないらしいので、木製、陶器、ガラスなどのスプーンにしといた方が良いかもです。

蜂蜜は1歳未満の子どもには絶対あげてはいけませんが、子供も喜ぶ味ですね。Solid is the best!!

 

 

ちょうど正月明けから鼻とノドが調子悪く、マヌカハニーを飲み込んだのですが、本当に鼻腔奥の痛みがすぐ消えました。これには結構感動しました…。(全く盛ってません)

あと、白い舌苔がほぼ消えました。マヌカハニーの殺菌力かもしれません。歯周病や虫歯、口内フローラにも良いかもです。

 

腸内環境も整える効果も期待できるので、これからやってくる花粉症対策にも続けていきたいと思います。

 

LINK >>アクティブマヌカハニー UMF20+ 250g100% Pure New Zealand Honey

高城剛さんも使用する最高値UMF25+>>
アクティブマヌカハニー UMF25+ 300g ハニーバレー(100% Pure New Zealand Honey)マヌカ蜂蜜 MGO1200以上

 

 

花粉症が治った|実践法方法3ステップ

小学生の頃からひどかった花粉症

私は小学生の頃から花粉症を患っていて、かなりの重症患者でした。
目は痒く、鼻水は止まらない、くしゃみも止まらない、顔も痒くなってくる。

毎年、点鼻薬や目薬をさしてみたり、アレグラなどの市販のクスリを飲んだり、医者の処方箋を飲んだり。ゴーグルみたいなメガネも装着してみたり。暖かくなる気候と比例して、とにかく春の訪れが憂鬱でした。ちなみに花粉以外には犬猫アレルギーです。犬や猫を撫でたり触った手で目を触ると痒くなってかなりしんどいです。一時期、一人暮らし時代に犬と暮らしたことがあったのてすが、喘息みたいな咳が出て、目は痒く、かなりしんどかったです。

ここ数年は、花粉症が始まる2月中旬から薬局でアレグラを購入し、花粉が飛散する約1ヶ月はクスリで誤魔化しながら乗り切っていました。ちなみに私は風邪を引いてもクスリを飲みませんし、とにかくクスリが嫌いです。病院や医者に行くのも好きではありません。しかし、花粉症だけは日常生活をまともに送れないこともあって、妥協してクスリを飲んでいました。

しかし30代半ばを超えた私が、今年すでに3月に入ったにも関わらず、まだクスリを飲まずに過ごせていて、花粉症の症状がほとんどなく暮らしています。

今日も天気予報を見れば『花粉 非常に多い』と表示されていますが、少々クシャミや鼻水が出る程度でほとんど花粉症の症状が出ていません。

この投稿では、私がどのようにして花粉症を改善できたかをお伝えしたいと思いますが、
この方法が実際有効だったのかは定かではありません。
他の要因なのかもしれませんし、これから花粉症の症状が突然襲ってくるかもしれませんのであしからず。

体質改善のステップ

高城剛氏のメルマガも参考にしつつですが、医者に行って「原因不明」とか「ストレス」とか意味がわかならいことを言われたら食事を見直すしかありません。

花粉症改善にあたって下記のステップを実践しました。

  1. 不要なものを口に入れない(小麦と乳製品、ジャンクフード、過剰な糖質やアルコール)
  2. デトックス(スポーツとデトックスサプリ)
  3. 栄養を取り入れる(タンパク質、ビタミンD)

====================

 

  1. 不要なものを口に入れない

まずはこれです。

個々の体質にもよりますが「小麦のグルテンと乳製品のカゼイン」は代表的な大敵です。まずはこれを断つことや減らすことを心がけましょう。

これを実践する際にまず気づいたのは、「小麦と乳製品」を摂取しないようにすると、食べれる物が激減することです。また、それだけ身の回りには「小麦と乳製品」が蔓延していることでもあります。

パン、パスタ、ラーメン、牛乳、ヨーグルトなどは可能な限り口にしないよう気をつけました。厳密に言うと醤油や牛丼のタレ、カレーなどあらゆるものに小麦は潜んでたりするので、完全除去は難しいでしょう。しかし、露骨な小麦と乳製品をなるべく口にしないよう気をつけましょう。

完全除去を意識しすぎると逆にストレスになるので僕はそうのくらいの気持ちでいましたし、たまにチキンサンドやラーメン餃子みたいなものも口にしていました。

 

コンビニ弁当工場で働いたことのある女性に聞いたことがあるのですが、ご飯を炊くときにお米と同じくらいの量の謎の白い粉を入れていたとゆう話を聞いてからコンビニ弁当は避けるようになりました。。ジャンクフードはなるべく控えましょう。

また、アルコールも臓器に負担がかかるので、飲みすぎには気をつけましょう。僕は酒が結構好きなので浴びるほど飲むことも日常茶飯事なのですが、最近は我慢できるようになりました。

糖質も腸内環境を悪化させます。糖質は米などの炭水化物、果物の果糖など様々ですが、これもゼロにせず程よく摂取するよう心がけます。定食屋などのご飯量は普通盛りでもかなり多めに設定されていると思ってください。ライスは少なめにしましょう。血糖値を急に上げると眠気やだるさも引き起こします。個々の体質にもよりますが、僕は食べる順番を「肉魚などのメイン⇨サラダ⇨ライス」のようにして、急に血糖値が上がるのを防いでいます。

 

 

2.デトックス(スポーツとデトックスサプリ)

次にこれです。

体に貯まった「カビ毒や重金属」の除去です。年を重ねて代謝が落ちたから、お腹の贅肉が落ちづらくなったとゆうような話はよくありますが、確かに若い頃と比べて代謝が落ちていることは間違い無いのでしょうが、それ以外に体にカビ毒などの老廃物が溜まって痩せづらくなっている事実があるようです。

そこでオススメなのが「クロレラとクレイ」の合わせ技です。

毎朝空腹時にクロレラ5粒を、コップ一杯のぬるま湯にクレイを溶かしたもので飲みます。クレイは白いどろっとした感じの液体ですが、無味無臭でクセはありません。

LINK >> 八重山クロレラ【ミニボトル300粒入】無添加 100% ヤエヤマクロレラ [ ピュアクロレラ]

LINK >>Yerba Prima – グレイト プレーンズ ベントナイト デトックス – 32oz

このセットを続けたことで、お腹周りの脂肪が本当に驚くくらい落ちました。

そして、汗からしか出ない老廃物もあるのでホットヨガやランニングをして汗を流します。適度な負荷のかかるスポーツは、スポーツ後のリラックス効果にも繋がるのでオススメです。これを機会にジムやヨガに通うのもいいかもしれません。

 

サプリ関係で参考にしたのは高城剛氏のTarzan web企画です。

面白いサプリが沢山紹介されています。

LINK >> 「健康のためなら死んでもいい」高城剛さんのサプリメント人生一代記

3.栄養を取り入れる(タンパク質、ビタミンD)

そして最終ステップです。

「不要なものを口にしない」でお伝えした通り、現代は小麦や乳製品で溢れています。つまり炭水化物や糖質は容易に手に入るので、意識しないと糖質などに偏りがちなのが現代です。

そこでオススメなのが我らが「いきなりステーキ」です。店舗数も拡大し、どこにでも見かけるようになりました。お得なランチタイムに行って「ワイルドステーキ300gや450g、トウモロコシをブロッコリーに変更、ペースト無し、ライス少なめ」が僕の定番の頼み方です。ペーストはマーガリンなので辞めましょう。

食べ方も、個々の好みになりますが、甘いステーキソースはかけてはいけません。ソースに糖質が多く含まれていますし、肉が固くなって美味しさが落ちます。肉が到着したら、少量塩を振りかけてほぼレアですぐ食べています。後半にワサビと醤油を付けて小ライスと一緒に食べます。

しかし、毎日350g1500円くらいのランチを続けるのは経済的にも胃腸的にも負担です。

 

他のタンパク源でオススメが「ヘンプフーズジャパン ヘンプシードナッツ(有機麻の実ナッツ) 250g オーストラリア産」。

納豆にかけたりサラダにかけたり、外食の際に少量ビニール袋に入れて持参し、なんにでもかけたりしています。娘のオニギリに混ぜたりもしています。

LINK >>ヘンプフーズジャパン ヘンプシードナッツ(有機麻の実ナッツ) 250g オーストラリア産

他にはチキン、カキなども食べています。

焼肉屋も週一くらいで行きますし、タンパク質は意識して積極的に摂取するようにしましょう。

 

そして、高城氏もオススメするビタミンDサプリです。

LINK >> Vital Nutrients Vitamin D3 5000 iU 90 カプセル

毎朝や昼頃に1錠、たまに2錠飲みます。風邪もひきづらくなり効果を実感します。

 

オススメの本

これまで述べたことと重複する部分もありますが、医師の見地から詳しい解説がされた名著をご紹介します。

LINK >> 「花粉症は1週間で治る!

 

今後、春の訪れがウキウキするような季節になると嬉しいです。

もう少し人体実験は続けたり工夫したりしてみようと思います。