「クレアラボ」タグアーカイブ

【カゼインフリー】ココナッツクリームで作るヨーグルト

浦田クリニックで頂いたヨーグルトがとっても美味しかったので、レシピをお聞きして自宅で作ってみました。

必要なモノは、

オーガニックココナッツクリーム

コンプリートバイオティクス

食べる量にもよりますが1缶で大体6食くらい作れると思います

作り方は至って簡単。

とろっとしたクリームをボールに移します
カプセルの中身を投入
菌が全体に馴染むように混ぜます

2日ほど涼しいところに放置して、酸味がかった臭いになったら冷蔵庫に入れて完成。

酸味がかった美味しそうな匂いです

そうそう、浦田クリニックではこのヨーグルトの上にアビィ・サンフェルム 有機ストロベリージャムが乗っていました。

酸味と甘味が口の中で交わってサイコーに美味しいです

カゼインフリーの子どものデザートやオヤツにも最適です。

このヨーグルトの良いところは、コンプリートバイオティクスの良質な菌をかさ増しできるところだと思います。本来なら細かい温度調整ができるヨーグルトメーカーを使うのが良いのかもしれませんが、私は大雑把な性格というのもあり、普通に室内の常温で放置して、時々酸味をチェックして、頃合いを見て冷蔵庫に入れます。

このタイミングだけは何度か経験を積む必要がありまして、早めに冷蔵庫に入れてしまうと菌の培養が不十分で、酸味がイマイチになってしまいます。かえって放置しすぎると黒いカビが生えることもあります。最初ゲッと思いましたが、カビの部分をスプーンですくって捨てて、冷蔵庫に入れて後日全部たいらげました。目に見えてないだけで、あらゆる食品に菌やカビは混ざってますし、少々なら腹痛を起こすこともないと思いますが、自己責任でお願いします。

酸味は乳酸菌が発酵して出る成分ですので、気温や湿度にもよりますが、たまにかき混ぜて2日くらい放置すると良いかもです。ただし、衛生的な環境や食器などを使わないと雑菌が繁殖してしまい食中毒になりかねないので自己責任で行ってください。

少量のヨーグルトを残して次のココナッツクリームに植え継ぎするのも、私はまだトライしたことがないのですが、そういう場合はヨーグルトメーカーを使うのが安牌かもしれません。

一応レシピを貼っておきます

子どものグルテンフリー・カゼインフリー

子どもと一緒にグルテンフリー ・カゼインフリーを実践してます。メリットとデメリットはありますが、結果実践して良いと思えますし、これからも継続していきたいと思います。

グルテンフリーとゆうことでパン、ラーメン、パスタは小麦の塊なのでNG。カゼインフリー的には牛乳やヨーグルト、乳が練り込まれた菓子類、ケーキやアイスなどもNGです。パン粉を衣につかう揚げ物など少々の小麦は良しとしてますか、それでも外食では、ほぼ食べるものがなくなります。逆に言うと、選択肢が減ることで余計な考え事が減るのでとても快適です。”食べない”と決める訳ですから、買い物も悩みませんし、無駄な出費や時間が減るので良いことだらけです。

そもそも私がグルテン・カゼインフリーに取り組む機会となったのは、自身の重度の花粉症です。薬を飲んでも目は痒いし鼻水は止まらず呼吸困難で、日常生活に支障が出るレベルでなにも手につきません。グルテン・カゼインフリーの他にも色々身体に良さそうなことは実践していますが、今では薬も飲みませんし、花粉症の症状は全く出なくなりました。これは私の人生史の大快挙でした。重度の花粉症になる自分の身体や健康というものに対して常に疑問を持ち続けて、あらゆることを実践してきて、やっと打開策を手に入れることができたので本当に嬉しいです。

娘は、そんな私の遺伝子を引き継いでるので、花粉症は今のところ見受けられませんが、軽いアレルギー症状が肌に出ていました。手足や背中に痒みが出て、ずっと痒いのです。アトピーのような赤みのあるカサカサした肌ではないのですが、所々痒いらしく、辛そうにしている娘を見ているのがとても辛い。。かゆくて掻きむしってかさぶたみたいになっている肌。夜はかゆみで寝れず、掻いてと頼まれるので掻いてあげるのですが、それが親の快眠も凄まじく妨げることになるので、なかなか厄介な疾病?です。

娘が通う幼稚園は、毎昼の給食で牛乳が出るのですが、口頭で先生に牛乳NGを伝えても対応してもらえず、アレルギー除去食の申請書を提出しました。かかりつけ医にお願いすれば書いてくれるはずです。私は家族で検診を受けた浦田クリニックさんで書いてもらいました。

幼稚園の毎昼食に出る牛乳は除去となるのですが、小麦や乳製品が献立に含まれる場合、自宅からお弁当やおかずを持参することになります。毎朝手間が増え大変ですが、可愛い娘のためならと思って継続してます。まだ小学生にあがる前ですが、この時期の食事や腸活は、今後の発育や学習能力にも関わることなので、取り組んでおいて損はないと思います。

忙しい朝は、にしきや こどもカレーを湯煎して、白いご飯と一緒にお弁当箱に入れて持たせます。

7大アレルゲン不使用です

小麦乳卵など7大アレルギーフリーで、さらに手軽なので主食が持参の日は、大変重宝しています。ヘンプシードナッツを追加して栄養価を高めます。

ヘンプシードナッツはクセがないので取り入れやすいです

この除去食を続けた結果、他にも要因はあるかもしれませんが、娘の足や手にできるかゆみが無くなりました。

娘に摂らせるサプリメントは、コンプリートバイオティクスSPECTRUM NEEDSがあれば、この年はまだそんなに摂取しなくても良いかなと思ってます。現代人が不足しがちなタンパク質は、意識して多めに食べさせてます。

レモン風味で美味しいです。
冷蔵便で届く乳酸菌。腸内の悪い菌を食べてくれます。

遅延型フードアレルギーのチェックは採血が必要なので、娘にはまだ行っていないのですが、小麦乳製品(それと卵)は、基本的に食べても良いことないなと思っているので、薬を飲んだり塗るより、アレルギーの疑いがある食品を”引き算”することに取り組み、そんなに汚れてない日はボディソープも”引き算”して辞めました。シャワーだけで洗ってあげるのですがこれも効果があったのかもしれません。

浦田クリニックの浦田先生にも「治療と思って取り組んでみてください」と、グルテン・カゼインフリーを勧めて頂きました。有機酸検査やSNPsなどのバイオロジカル検査を行った上で取り組む栄養療法などを用いて、100人いれば100通りある自分だけの健康方法を探究することが大切と思います。

高城剛から学ぶ免疫力をあげるサプリメント

コロナウィルスの影響で日常が一変しました。人がパンパンに入ったイベントや、混雑した街並み、飲食店での談笑が懐かしく思えます。

手洗いやマスク、外出自粛などの「感染対策」はもちろんですが、その次のステップの「免疫力対策」も、この戦いには欠かすことができません。

高城剛さんのメルマガなどを読み、気付いたら増えていた常用サプリメントをご紹介したいと思います。

本数が多かったので、ちょっと縦に積んでみたりしました。寝起きから寝るまでに飲んでいるサプリメントです。マヌカハニーは蜂蜜ですが、僕の中では医療品やサプリメントの部類に入ります。

1.朝起きてから飲むもの

朝起きたら、まずはGreat Plains Bentonite Detoxを適量水で割って、八重山クロレラ5粒とVITAL NUTRIENTS NAC1錠を飲みます。空腹時に飲むのが肝心で、毎朝のデトックス習慣です。最近はめっきりお酒も呑みませんが、前日にお酒を飲んだ日はクロレラを10粒飲んだりします。お酒の抜けが良いです。

歯を磨いたら、アクティブマヌカハニーを口の中に含んで口中に広げて飲み込みます。蜂蜜の糖は、エネルギー効率が良いです。マヌカハニーは抗菌力もあるので、口内フローラ、腸内フローラ、ノドや胃腸にも良いのでオススメです。

2.昼食後に飲むもの

僕は1日2食です。朝食を摂る習慣がないのですが、朝食べると眠くなるので食べません。朝はコーヒーを飲むくらいがちょうど良いです。

VITAL NUTRIENTSのサプリメント(Multi Nutrients III 2錠、Vitamin D3 5000 iU 1錠、zinc亜鉛1錠)を中心に、クレアラボ コンプリートバイオティクス、カンジダサポートを飲んでいます。

3.夕食後飲むもの

夕食後は、昼に飲んだVITAL NUTRIENTSとカンジダサポートに、CANDEXを飲みます。腸粘膜に穴が空いたリキーガット症候群の疑いがある為、腸内環境を整えています。

驚くことに、毎年重度の症状に悩まされ続けていた花粉症が、昨年くらいから改善し、今年の春は全くと言って良いほど症状が出ませんでした。これは私の中でかなりの快挙で、あきらめずに解決策を模索して実践するのを続けてきて本当によかったと思っています。

サプリメントで補うのも大切ですが、【遅延型アレルギー検査】IgG食物過敏セミパネルで自分の遅延型フードアレルギーの対象食品を知り、それを除去することも重要だと思っています。サプリメントを飲む足し算ではなく、アレルギー食品をやめるという引き算です。

健康は蓄財可能な財産。

ワンクリックでは手に入りません。

感染対策を継続して、免疫力を高め、この難局をしなやかに変化して、乗り越えたいと思います。

【日本で唯一”冷蔵便”で届く菌】クレアラボ コンプリート・バイオティック

高城剛さんのメルマガで紹介されていたクレアラボ社のコンプリート・バイオティックを最近飲み始めました。

生活習慣の変化、抗生物質や薬剤などの様々な化学物質によって腸内環境バランスが崩れると、悪玉菌が優勢の状態になります。悪玉菌が優勢になると下痢や便秘、アレルギーや感染症ひいては生活習慣病の原因にもなり得ます。クレア・ラボ社「コンプリート・バイオティック」は低アレルゲン環境下で培養した12種類のプロバイオティクスを1カプセル中に250億個以上を含有し、胃腸の健康を総合的に力強くサポートします。

https://www.klaire.co.jp/product/products/detail/4

クレアラボ社のプロバイオティックは、日本で唯一の「冷蔵便」で送られてくる「生きた菌」で、腸内フローラを整えてくれます。

菌を長く腸に滞在させたいので、毎晩寝る前に飲んでいます。

分厚い冊子やリーフレットも一緒に送られてきて、製品に対する想いが感じ取れます。他の製品も良さそうで気になります。

そろそろ花粉が飛散する時期なので、できる準備はしておこうと思います。

ちなみに、3歳の子どもにも飲ませて大丈夫か、クレアラボ社に問い合わせたところ、問題ないとのことです。

さらに、カプセルが苦手な場合、カプセルを開けて冷たい飲み物などに混ぜて飲ませて大丈夫とのことでしたので、寝る前にレモンジュースなどに入れてかき混ぜて飲ませています。お茶や水は白く濁ったりしますが、レモンジュースに溶かしてしまえば味や見た目の変化はほぼありません。テルヴィス 有機レモン果汁 720mlがオススメです。

子どもの成長にも腸内フローラは大切なので、この商品は親としても大満足です。

グルテンフリーやカゼインフリー、デトックス、運動、クレアラボ社の生きた菌、マヌカハニーがあるので過ごしやすい季節になる気がしています。

LINK >>花粉症は1週間で治る!