高城剛さんの真似をして、発芽玄米を炊いてみました

グルテンフリー やカゼインフリーなど、いろいろ食事について実践していますが、「やっぱり発芽玄米だろう」と唐突に思い立ち、発芽に挑戦してみました。

[Amazonブランド]Happy Belly 玄米 北海道産 ななつぼし5kg 令和元年産 農薬節減米 [Amazonブランド]が、味的、コスパ的にもオススメです。
長く続けるには、美味しくて価格もそれなりである必要がありますね。

まず、玄米をボールに入れて、ゴシゴシ拝み洗いします。水を取り替えながら何回か洗ったら、水につけて半日放置して水交換。

もう半日したら、水を捨ててザルに入れて放置。時間が経つとアク?みたいなのが浮いてきます。

すると発芽してきました。

わかりづらいですが、10粒のうち1粒くらい、プチっと小さく芽が出たらOKです。普通の炊飯器で玄米モードにして炊き上げますが、水の量は普通の白米と変わりません。気持ち多めにすることもよくあります。

発芽させることで、GABAとゆう栄養価が高まるそうです。少しだけ手間はかかりますが非常にシンプルです。

穴ぼこは「かに穴」といって、まんべんなく熱が入り、美味しく炊けている証拠です。

白米と違い、ほのかに漂う甘い香りも良いし、食感もモチプチして美味しい、、!これは長く続けられそうです。

高城剛さんはごま塩をかけて、ほぼ玄米だけで生活しているらしいです。

また、「酵素玄米」にするには、炊き上げて保温状態のまま4〜5日放置です。保温は電気代高そうですが1日5円ほどらしいです。高城さんはマヌカハニーを入れて炊くらしいです。

RELATED POST >> http://bigyellowblog.com/archives/2034

一般家庭だと、この間に炊飯器が使えなくなってしまうので、ターンテーブルのように炊飯器を二台使いすることになります。まさにブレイクビーツです。元DJとしては感慨深いです。

ビーフステーキにヘンプシードナッツをかけて、玄米とあわせると最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です