高城剛 写真の現像方法 lightroomで実践

_MG_9260
オリジナル leica summicron 50mm/f2で撮影

_MG_9260-2
自然な彩度-25/色かぶり補正-25(※)

高城剛氏のメルマガに料理写真についての質問がありました。逆光気味に撮ることや”彩度をやや落としめにして、赤も少し落とすと、雰囲気がが出ますね。”との回答でしたので早速実践してみました。奄美大島の南部にある新しいリゾートホテル”THE SCENE“のパスタです。ロケーションも最高でメチャクチャ美味しかったです。

※”赤も少し落とす”というのはHSLでレッドだけ落とすのではなく、色かぶり補正で少しシアンに転ばせることと解釈しました。高城さんの意図に沿ってる?と思うのですが、、

確かにオシャレな雰囲気が出たかもしれません。まあ現像も使用媒体や目的によってもイメージの作り方が変わるので正解は一つではありませんが色々勉強です。また、料理写真のコツは90mmくらいのレンズを使用し、皿全体を写さず思い切って皿の端を切ってしまい料理に寄るのも一つです。(雰囲気は置いといて彩度が高い方が”美味しく”は見えるかもしれません。どうでしょう。)

LINK >> ADOBE LIGHTROOM公式チュートリアル”HSLと色調の調整”

LINK >> Adobe Photoshop Lightroom 6 日本語版 【Macintosh版】 [ダウンロード]

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です