「BOOKS」カテゴリーアーカイブ

green bean to bar CHOCOLATE

家族で大好きなgreen bean to bar CHOCOLATE。

カゼインフリーなので、ミルク入りチョコレートは食べれませんが、基本カカオとオーガニックシュガーが原料なので安心して食べています。

また、このチョコレートのカカオの採取から製造までを追いかけた、高城剛さんのフォトルポタージュgreen bean to bar CHOCOLATE 世界で一番おいしいチョコレートの作り方 (NEXTRAVELER BOOKS)が素晴らしく、このチョコレートの最高のブランディング&プロモーションになっているかと思います。

SONY×LEICAレンズ、LEICA Q2などで撮影された数々の写真を通じて、カカオを巡る旅の壮絶さ、現地の空気感が伝わってきます。なにより代表のチョコレート作りへの姿勢や探究心に感銘を受けましたし、本物のカカオってこんな感じなんだ〜と普通に感動しました。

僕はよく日本橋コレド室町テラスの店舗で買うのですが、オススメを紹介したいと思います。

1.NATIVO BLANCO-PERU-73%


こちらは看板商品。Salon Du Chocolat Parisとゆうチョコレートの祭典で金賞を受賞しました。要するに世界一を獲ったチョコです。
口に入れて、噛んで、喉を通過するまでに味が変化していくとゆうか、様々な味覚が刺激される不思議な体験です。とにかく美味しいです。初心者はまずこのチョコを食されるのが良いかと思います。

2.COSTA RICA 70%

こちらのコスタリカは、わりとプレーンとゆうか癖のあまりない部類かと思います。柔らかいビターな感じが美味しいです。

3.東京 -満月の塩-

個人的に超おすすめです。伊豆大島の地下二百数十メートルから汲み上げた清浄でミネラル豊富な海洋深層水を原料とした塩を使用しているのですが、なんと満月の日に採取されています。いわゆる月読み塩です。新月や満月の日に採取された塩が、沖縄などに行くと結構売っていまして、行くと必ずチェックしています。

甘みと塩気が口の中でとろけて気絶寸前です。クセになって止まりません。

4.CACAO NIBS[MADAGASCAR]

チョコレートバー以外のおすすめがカカオニブスです。高城剛さん監修「スーパーフード (Healthy Eating)」にも紹介されていた、いわゆるスーパーフードです。カカオニブス入りのチョコバーも販売されていますが、ニブス単体で買えるのが嬉しいです。

チョコと一緒に食べて、亜熱帯のジャングルにぶら下がっているカカオに思いを馳せながら食べるのもよし、ステーキにかけると意外と美味しいです。あと、ぼくはグルテンフリーなので小麦ではない、玄米パントーストにチョコを乗せて溶かして、そこにニブスをかけて食べています。絶品です。

5.GRANOLA BEAUTY

グラノーラ、カカオニブス、ドライフルーツがたくさん入っていてオヤツに最適です。うちの子どもも大好きです。ビューティとゆうくらいなので、お肌にも良さそうです。

高城剛さんの本はKindle Unlimitedだと読み放題なので、是非一度読んでみて欲しいです。

写真、文章、編集、DTPの勉強にもなります。

LINK >> green bean to bar CHOCOLATE 世界で一番おいしいチョコレートの作り方 (NEXTRAVELER BOOKS)


LINK >> https://greenchocolate.jp/onlineshop/

iPs細胞の山中伸弥教授|コロナウィルスwebサイトを公開

iPs細胞の研究で2012年にノーベル医学生理学賞を受賞した”山中伸弥”教授が、新型コロナウィルスについて個人的に情報発信するHP「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」を公開しました。

「短距離走ではなく、1年は続く可能性のある長いマラソン」「疲れたり油断して止まってしまうと、感染が一気に広がり、医療崩壊や社会混乱が生じます。一人一人が、それぞれの家庭や仕事の状況に応じたペースで走り続ける必要があります」

https://www.covid19-yamanaka.comより

正直、1年も続くのかよ〜と思いましたが、個々で対策をしてこの困難を乗り越えましょう。


LINK >> 山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

WOOFIN’ MURO×DEV LARGEの連載「KING OF DIGGIN’」vol.1〜4

1997年にシンコーミュージックから創刊したヒップホップファッション雑誌「WOOFIN ‘」。2016年に休刊となりましたが、まだインターネットも現代のように普及してなかったので、当時は貴重な情報源でした。

さらに遡れば、専門誌のblast、雑誌Fine、雑誌warpでヒップホップが取り上げられていて、10代の頃は穴が開くほど読みました。

ラジオは、J-WAVEでDa Cypher、RYUのSOUL TRAINなどをカセットテープに録音して、よく聴いていました。

話は戻って、90年代から00年代にかけてWOOFIN’にMURO&DEV LARGEの連載ページがありました。色などをテーマにお2人がジャンルレスにレコードを紹介していくのですが、そのコーナーが大好きで、そのページを眺めてはレコード愛を深めた青春時代です。

最近、またレコードを聴くようになったので、保存してあった切り抜きを引っ張り出してみました。

vol.1 FAR EAST RAREST GROOVE COLLECTION

vol.2 BREEZIN’

vol.3 AUTUMN..

vol.4 “SHOUT!”SPECIAL

ジャンルも様々で、楽しいですね!!

 

2015年以降あたりのバックナンバーが、kindle unlimitedで読み放題になっていました。

LINK >> WOOFIN’ (ウーフィン) 2015年 7月号 [雑誌]

National Geographic マリファナ 世界の大麻最新事情

ナショジオの別冊で大麻特集号が発売されたので早速入手しました。

マリファナ本でいうと、高城さんの著書「GREEN RUSH 」は世界中の大麻事情が取材されており、かなり読み応えのある名著でしたが、こちらもナショジオだけあってなかなか内容の濃い一冊となっています。

1.大麻の歴史

2.医薬品としての大麻

3.大麻の化学

4.大麻の栽培

5.変化する法的環境

アメリカでは、連邦法が合法を認めておらず、各州が州法に基づいて医療や嗜好用の使用を認めるなど矛盾した状態となっています。

WHOが大麻の医療的価値を評価しはじめ、産業としての大麻ビジネスも相当大きな市場に急成長しているとゆう、昔では信じられないような岐路に我々は立っているなと実感できます。

日本でもいずれ合法化されるのでしょうか。合法化されたら今まで逮捕された人も複雑だなと思います。。

日本は古来から神道や産業でも麻とは密接に暮らしていたのは間違いありません。特に医療で救われる人たちが居るならそこには確実に届くような社会になって欲しいです。嗜好用も、過度なTHCには税金をかけたり、規制をしてバランスを上手くとるなどして、あらたな経済の起爆剤にして欲しいですし、大麻は、資本主義を超えて、新たな豊かさを創れる魔法の植物だと信じております。

写真界でも権威高いナショジオだけに、内容ともに写真も素晴らしい一冊でした。

LINK >>マリファナ 世界の大麻最新事情 (ナショナル ジオグラフィック別冊)

333ウルトラデトックス / 高城剛

高城さんの最新著書「333ウルトラデトックス」を読了しました。

メルマガですでに発信されている内容も含まれていますが、「永遠に続く3日坊主を目指す」とゆう風に誰でも今日からすぐ取り組める初級コースから上級コースまで書いてあり、とても面白くスラスラ読んでしまいました。

現代は何かを「足す」より「引く」ことのほうが大切で、昔から心技体と言われるように、体が変わると心(人間性や性格)も変わる。心と体は連動しているんだなと実感します。

不定愁訴や体や心の様々な不調の改善には、まずはデトックス。すでにグルテンフリー 、カゼインフリーは、日常生活に支障をきたさない範囲で実践していますが、この書籍を読んで改めて取り入れたい事柄も出てきたので、マイデトックスライフに取り入れてみたいと思います。

LINK >>333ウルトラデトックス

Paris: Fashion Flair|Marc-Antoine Coulon

先日、娘と2人で代官山蔦屋に遊びに行きまして、その時たまたま出会った画集にひと目惚れしてしまいました。

 

その画集はParis: Fashion Flair

画家はフランスのアーティストMarc-Antoine Coulon。筆で描かれたポートレイトや風景などなど独特の世界観で、ファッション系の方々からの支持も多く、本当に素晴らしい作品です。

筆で簡単にすらすら描いたクロッキーのような作風ですが、省略するところと緻密に描くところの判断力、影や光の読み方、基本のデッサン力、絵筆のスキルがないと描けません。

この作品群に触発されて、世界堂や伊東屋に行ったり、amazonで筆などの水彩画道具を購入してしまいました。実際に絵を描いてみると集中できて本当に楽しいです。画材類はまた別の記事で改めて紹介したいと思います。

 

最近、この画集の他にも、色々とデザイン系書籍や写真集を買い漁ってますので紹介していきたいと思います。まさに芸術の秋とゆう感じです。

 

 

LINK >> 「Marc Antoine Coulon」instagram 

LINK >> Paris: Fashion Flair

Flatlay Sheet

ある種の社会現象的な事象「インスタ映え」。

おしゃれな背景紙を集めたムック本「Flatlay Sheet」となるものを知り、購入してみました。

 

この本?のカバー写真が表すように、おしゃれな背景紙でブツ撮りができるのが特徴です。

本のアイデアが面白いな〜と思い手に取っていますが、単色から絵柄から色々デザイン豊富で眺めてても楽しいです。人によっては、プレゼントでも喜ばれそうです。

幾何学模様があったり

夏っぽいシートもあったり

他にもシンプルな単色もあります

何枚か撮ってみました。

同じ柄のシートを2枚使ってこんな感じのも撮ることができます

大好きなエリクシノール社のCBD製品たち

なぜか撮りながら照れ臭ささを感じるのは気のせいでしょうか。

値段も安いのでなかなか良い感じです。

 

 

LINK >> Flatlay Sheet (フラットレイシート)

GREEN RUSH|高城剛

高城剛さんが実際世界へ飛んで、写真やデータを交えながら現地での大麻産業の実情をレポートした「GREEN RUSH」。

 

高城さんの著書は常に他に類を見ない内容で本当に面白いです。ページデザインも秀逸で、冒険旅行に連れて行ってもらえるような、人の気持ちをワクワクさせる書籍です。

大麻産業に世界中の資本が集まってきていて、大手も参入しつつある状況。日本ではどう展開していくのか未知ですが、まさに時代の変革期に居る気がしてなりません。

 

LINK >> GREEN RUSH (NEXTRAVELER BOOKS)

 

 

 

2019/5/29 読者感謝祭2019春 GREEN RUSH|高城未来研究所

GW中ぼーっとしてたら当選メールが届いた〜!

以前から大麻ビジネスに興味津々だった友人を誘ってあったので楽しみです。

======

NEXTRAVELER BOOKS発刊記念
GREEN RUSH」-高城剛単独トークライブ-

日時 2019年5月29日(水)17:00開場 18:30開演(19:30終演予定)
場所 日比谷公園大音楽堂(東京)
料金 全席無料

大手出版社では、なかなか発売できない意欲的な書籍(紙と電子)を不定期にリリースする「DtoC時代の出版社」NEXTRAVELER BOOKSを、この度、設立することになりました。

第一弾は、人類に長く愛用されてきましたが、近代になり突如使用禁止となった、「とある禁断の植物」についてまとめた「GREEN RUSH」を5月末に発刊します。

カナダや米国をはじめ、世界中で続々と「とある禁断の植物」が解禁される現在、関連ビジネスは、10年前に沸き起こったスマートフォンバブルを凌駕するまでに成長しています。
その世界が熱気に溢れる様相は、かつての「ゴールドラッシュ」にちなみ、いま「グリーンラッシュ」と呼ばれているのです。

この世界的熱狂に追った書籍「GREEN RUSH」発刊に際しまして、この度、「日比谷公園大音楽堂」(厚生労働省前)にて、読者感謝祭を開催いたします。
いったい、日本のなにが世界中で巻き起こる「GREEN RUSH」の妨げになっているのでしょうか?
また、本当に疾病に効果があり、スマートフォン以上のビジネスチャンスが、訪れるでしょうか?

最後に、本イベントは、屋外ゆえ悪天候や当日本番中まで様々な圧力や横槍等から中止になる可能性もございますため、全席無料、講演時間も1時間と限定致しました。

当日は、この日限りのNEXTRAVELER TOOLSを販売するポップアップ「THIS IS A STORE」を一日だけ開業。
また、ご来場者のすべての方々に、日頃の感謝を込めまして「CBDオイル27g(CBD含有100mg)」1ボトルをプレゼントしたいと思います。

薫風の日比谷野音にて、皆様とお目にかかれるのを、スタッフ一同楽しみにしています!

★★「読者感謝祭2019春」★★
NEXTRAVELER BOOKS発刊記念
GREEN RUSH」-高城剛単独トークライブ-

【日程】2019年5月29日(水)
【開場時間】17時00分
【開演時間】18時30分(終演時間:19時30分予定)

https://takashiro.com/yaon2019/

【会場】日比谷公園大音楽堂(東京)
〒100-0012  東京都千代田区日比谷公園1-5
東京メトロ丸ノ内線「霞が関」下車B2出口より徒歩3分
東京メトロ日比谷線または千代田線「日比谷」下車A5出口より徒歩4分
JR山手線「有楽町」または「新橋」下車日比谷出口より徒歩15分

【料金】全席無料(事前応募制・指定席)2名1組3000名様限定ご招待

雑誌Pen「ライカで撮る理由。」

雑誌Penの特集「ライカで撮る理由。」

LINK >> Pen(ペン) 2019 3/1[ライカで撮る理由。]

読んだ感想としては、「すごくライカが欲しくなる…!」という感じで、物欲が刺激されてしまいました。まんまとライカとPenの思う壺です。

近所のコンビニで見つけ、購入しようと思いましたが、自宅に物を溜めないようにkindle版を購入しようとしたら、、kindle版がamazon primeで無料でした!

好きな写真家 佐藤健寿氏のページは面白かったです。アポ・ズミクロン50mmで撮った北朝鮮、ノクティルクス50mmで撮ったオセアニアの親子などの作例も氏ならではで、良かったです。

佐藤健寿氏が使用しているライカは、
・M4+SUMMICRON C 40mm
・M9-P+SUMMILUX 35mm
・M10+APO SUMMICRON 50mm
・SL
かなり通な組み合わせです。

そのほかに
・APO TELYTE M135mm
・SUMMARIT M 75mm
のレンズも紹介されていました。

ほかに目に留まったのが、女優のKIKIさんが使用している「Leica MP Hermes Edition」。2003年に発売されたフィルム機ですが 、Summicron 35mmがセットで500台限定で発売されたモデル。
Kikiさんのことはあまり存じ上げないのですが、登山がお好きらしく、このエルメスライカを登山の時も使用してるようです。バレニアレザーが良い感じに味が出ていて深いブラウンになっているのがかっこよかったです。

その後、ライカとエルメスが発売したのは
・2009年 ライカM7エルメスエディション
・2012年 ライカM9-P エルメスエディション

そろそろ2020年。東京オリパラモデルなんかが銀座店限定で販売されたりしたら、相当高騰しそうです。

LINK >> Pen(ペン) 2019 3/1[ライカで撮る理由。]