「FOODS」カテゴリーアーカイブ

奄美大島のくび木茶

IMG_8724
奄美大島の特産、くび木茶。ご覧のとおり「木」です。正式名称「ツルグミ」と言い関東地方以南(以西)に生えている、つる性の常緑低木。シマでは昔から風邪薬とか化膿止めなどに用いている万能薬らしく地元の方に教えてもらいました。奄美の大自然エネルギーを頂いてるような感じがして愛飲しています。煎じると赤茶に色が出ます。冷え性、便秘、二日酔いにも良いとか。シマの方はお酒好きな方が多いですからね。

LINK >> 奄美大島特産品のお店「安田商店」

2016/03/03-06 JAPAN FISHERMAN’S FESTIVAL@日比谷公園

sakana

魚食推進を目的とした各地の漁業協同組合またその魚介類産品を中心とした物産展です。お魚好きは要チェックです!

【開催時間】
3月3日(木)16:00〜21:00
4日(金) 11:00~21:00
5日(土) 10:00~21:00
6日(日) 10:00~18:00
【開催場所】
日比谷公園:噴水広場(小音楽堂含)~第二花壇~にれの木広場
〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1
【参 加 料】 500円(税込)
【出展内容】
■ご当地おさかなコーナー(全国各地の漁連を中心とした魚介類の物産販売ブース)
■超人シェフ・コーナー[ 超人シェフ倶楽部コーナー]
①和食仕立て ②洋食仕立て ③中華仕立て
■大鍋ふるまい(有名シェフによるあら汁、雑魚のブイヤベース等)
■日本酒・焼酎・ビール・ワインコーナー
■協賛社コーナー ( 飲料メーカーによる飲料販売ブース、関連企業によるPR ブース等)
■Fish-1GP/Fast Fish GP ※3月6日(日)のみ開催

LINK >> JAPAN FISHERMAN’S FESTIVAL 2016

【日本一美味い!】担々麺 辣椒漢 @駒込

IMG_8720
担々麺汁あり880円
食べるラー油入り?絶品ミニ焼豚丼250円
食べるラー油入り?絶品ミニチャーシュー丼250円

IMG_8722
駒込駅そばにある担々麺屋さん”辣椒漢(らしょうはん)。個人的な担々麺ランキング1位です。駒込でランチをされる方は間違いなくココに行って欲しいです。駒込駅東口改札を出て数秒で着くので山手線や南北線を途中下車してでも行ってみてください。ここの担々麺は「汁無しの正宗担々麺&汁有り日式担々麺」がありますが、汁無しは山椒?が効いていてそれなりにスパイシーで美味しいです。お店も汁無しを推奨してる感を感じますが汁が欲しいので、私はいつも汁有りを頼みます。汁有りはそんなに辛くなく胡麻風味が効いたマイルドでクセになる味わい。「プレミアム正宗担々麺」はよくある全部乗せと勘違いされることが多いですが、こちらはスパイスがメチャクチャ効いてて好き者変態向けらしいのでお気をつけ下さい。2015年11月から隣の建物の解体をしていてドリル音やらメチャクチャうるさいですが、この味の前には無力です。小川町に1号店があるみたいです。
汁有り880円、汁無し850円、ミニチャーシュー丼250円。他にもいろいろメニューあります。

LINK >> 担々麺 辣椒漢

LINK >> 辣椒漢 正宗担担麺(汁なし)冷凍3食入

沖縄県今帰仁村産クワンソウ生茶 眠り本舗

e428801h_l

沖縄では別名「眠り草」とも呼ばれる沖縄自生の野草のクワンソウ(アキノワスレグサ)茶。沖縄県今帰仁村(なきじんそん)で栽培された原料を100%使用しています。就寝前に飲むと本当に眠気がきてぐっすり眠る事ができました。以前、このクワンソウ茶とそっくりの匂いがする安眠系ハーブティーをヨーロッパのスーパーで購入し飲んだ事がありますが、こちらのほうが断然美味しく効果もありました。ここ数年コーヒーも好きですがお茶の効能にも興味がわいて来ています。

LINK >>沖縄圏今帰仁産クワンソウ生茶 80g 眠り本舗

沖縄 古宇利島

FullSizeRender のコピー

IMG_1941

FullSizeRender のコピー 2

IMG_1852

日本一長い橋の古宇利大橋を渡り古宇利島へ。橋を渡る途中の車窓からもわかりますが何と言っても海がキレイです。この橋を渡って海を眺めるだけでも来た価値あるなと思えます。橋がかかる前までは舟でしか行けなかった島なので島にはまだ手つかずの自然や古き良き沖縄が残っています。ビーチのそばにキッチンカー(パーラー)が並んでいたりお土産屋さんもあってそちらも楽しめます。

LINK >> 古宇利島

沖縄 やちむん喫茶シーサー園

IMG_2036

IMG_1927

IMG_2037

IMG_2038

沖縄のいわゆる”山カフェ”です。車でけっこうのぼったところにあります。辿り着くまでかなりワクワクできる道中。これも旅の醍醐味です。高城剛氏もおすすめしていた”ウルトラみかん生ジュース-500円”を飲みました。地元産シークヮーサーとたんかんがMIXされており、すっきりとした見事な柑橘感で沖縄の気候にとても合っていてメチャクチャ美味しかったです。ノドが乾いていたので即飲み干してしまいました。。2階席のたたみの上で、屋根の上のシーサーを眺めながらのスローな島時間を感じれます。海ばかりが沖縄の魅力ではないですね。昔ANAの広告ロケに使われたみたいです。

LINK >> やちむん喫茶シーサー園

沖縄 Plougman’s Lunch Bakery

FullSizeRender-2

IMG_1675

FullSizeRender

FullSizeRender-1

とにかく美味しいパンとコーヒーが頂けるプラウマンランチベーカリー。ローケションも素晴らしく、車で坂を上って行く「本当に合ってるのかな?」と思うでしょうか、すぐ分かると思います。駐車場も少しわかりづらいですが隠れ家的な雰囲気で良いですね。さらに店内のBGMはレコードで、店員さんがLPに針を落とし、終わるとひっくり返したり別のレコードに替えたりしていて、ゆったりとした時間が流れていて素晴らしいです。RARE GROOVEやJAZZを店内で流してる店は多いですが、こうしてBGMを再生している店は少ないでしょう。パンはテイクアウトもできますのでおやつに是非!
LINK >> Ploughman’s Lunch Bakery

沖縄 珈琲専門店 原点のアイスコーヒー

FullSizeRender
IMG_4645
IMG_0901高城剛氏オススメのアイスコーヒーを飲みました。6時間かけて水だしされたアイスコーヒーとのことでしたが、シロップとミルクが最初から入っていて上品なコーヒーゼリーのような絶妙な甘さで本当に美味しかったです。やはり東京に居て”お取り寄せ”するのではなく、現地に赴き、現地の気候で現地の気候に合った焙煎方法で飲むコーヒーは最高です。日本画家をされている姪っ子中原亜梨沙さんの日本画が飾ってあり素敵な空間です。常連さんと思わしき方々が静かに新聞を飲みながらコーヒーを飲まれていて、落ち着いた静かな空間でコーヒーを楽しめます。

LINK >> 珈琲専門店 原点 facebook

コーヒー アイテム

IMG_8528コーヒーは基本的に自分で淹れてます。セブンイレブンのコーヒーも飲みますが、コスパ的にも味的にも断然淹れた方が良いです。以前手動のミルで豆を挽いていたのですが面倒で電動ミルを買いました。もっと早く買っておけば良かった。。あとはデザインと価格的にHARIOが良かったので揃えました。カラーはブラック、ステンレス、クリア系で揃えてます。やなか珈琲の豆はその場で煎ってくれるのでいつも店員さんにオススメを聞いて買ってます。豆は鮮度でだいぶ味が変わりますね。このまま冷凍庫に入れてます。

左から

LINK >>Melitta セレクトグラインド

LINK >>ティファール 電気ケトル メタリックノワール 0.8L

LINK >>ハリオ V60 ドリップケトル ヴォーノ 800ml

LINK >>ハリオ V60 レンジサーバー 600ml クリア

LINK >>ハリオ V60 耐熱ガラス透過ドリッパー

LINK >>やなか珈琲店